マンション 室内 給湯管漏水 改修工事

こんにちは!

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今回ご紹介します案件は給湯管の漏水です。
冬は気温・水温の変化もあり給湯管の漏水が多発する時期です。

ご紹介する給湯管の漏水は中野区にある賃貸マンションで起こった給湯管からの漏水の対応案件をご紹介いたします。


1階浴室の天井部にある点検口から落水があると入居者様から連絡があり、緊急対応で現地に急行しました。

1階被害宅の状況を確認しつつ、2階の宅内で調査を開始しました。

まずは給水での漏水なのか、排水での漏水なのかを確認します。
給水配管は常に配管内に水が入ってる為、漏水があった場合水が出続けます。
排水配管の漏水は使用した分(又は一部)が漏水します。

今回は常に水が出続けているため、まずは給水配管と断定し調査をはじめました。可能な範囲で目視調査を行い

その後、パイプスペースにある水道メーターを外して、配管内に圧力をかけ、漏水を確認する「耐圧試験」という作業を行います。

※耐圧試験は配管内に圧力を一定量かけて、その後の圧力の変動で漏水の有無を確認する試験です。もり仮に配管にポンホール・亀裂が

あればその隙間から圧力が逃げる為、圧力が低下⇒漏水ありと判断するわけです。

まずは給湯器の元栓を締めて、給水配管の耐圧試験を行います。その後給湯器の栓を開いて、給湯管の耐圧試験を行います。

給湯配管の圧力低下が見られる為、給湯管の漏水と判断しました。

浴室の点検口やシンク下からスコープ入れての配管場所・構成を確認します。

今回はどうやら流し台の給湯配管に原因があり
配管の立ち上がり部分、よくエルボ―と言われているところにピンホールがありました。

ここからは配管改修になります。既設の配管を切断して、新しい配管を引き直します。施工場所が厳しい為、一部床下を開口します。

既存の銅管ではなく架橋ポリエチレン管という樹脂管で引き直します。
この配管は施工性が高く、今では主流となってきている配管です。

配管を引き直し、再度給湯管の耐圧試験を行います。圧力が低下したらまだ漏水しているということになります。

圧力低下は見られない為、施工完了です。

あとは床下開口した箇所を塞いで工事終了です。

アメニティ・プラスでは急な漏水でも可能な限り対応致します。

お困りの際は、ぜひお声をお掛けください。

最後までご覧いただきありがとうございました。
次回もお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です