マンション 漏水調査 耐圧試験

こんにちは!

皆さんいかがお過ごしですか?

今回は漏水調査の事例をご紹介いたします。

物件は横浜市南区の4階建てマンションにて
漏水の疑いがあり調査を行いました。

調査方法は耐圧試験を行いました、耐圧試験とは給水管に一定時間
圧力をかけることで漏水しているかを判断する作業です。
漏水箇所があった場合は圧力が低下いたします
その場合には給水管に穴が開いている可能性が高く
すなわち漏水を起こしている可能性が高いと判断が出来ます。

埋設配管や建物内配管など、配管の経路が追えない場合には
掘削やハツリ作業を行い調査をすると費用がかさんでしまいます
その為、耐圧試験を行う事で効率よく漏水の有無を判断出来るうえに
漏水している系統の判断が可能になります。

今回ご紹介の物件では、漏水は確認できませんでした
漏水をしているんじゃないかという心配がなくなり、一安心が出来ました。

耐圧試験を開始します。

水道メーターにつなげています。
圧力計を確認中。
圧力試験継続中。
配管を掘り出しています。
配管が見えてきました。
今回は、漏水がしていない事が確認できました。

アメニティ・プラスでは、調査後に漏水を起こしていた
場合の復旧工事も施工できます。
また耐圧試験にも配管の形状や設置状況により、作業が出来ない場合も
ございます、作業が行えるかの現地調査は無料ですので
お気軽にアメニティ・プラスまでご相談をいただけますと幸いです。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。
次回をお楽しみに!

2 のコメント

  1. 河田と申します。
    8階建ビル 自主管理組合の理事をしています。
    相談内容は 3階天井から、水漏れが
    1か月以上止まりません。

    ベランダ部防水、雨水管は点検済み
    です。 耐圧試験で調べてもらえますか?

    河田健一
  2. 河田様

    お問合せありがとうございます。
    漏水が1か月以上続いているのは大変ご不安が多いかと存じます。
    是非、一度現地調査にお伺いさせて頂ければと思いますので物件詳細等の情報を
    メールにてご連絡頂けると幸いです。作業が行えるかの現地調査は無料です。
    info@amenity-plus.co.jp までご連絡お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です