メーターバルブ交換工事

こんにちは!台風16号が接近していますが、いよいよ台風の季節がやってきました。風雨によって漏水や漏電の発生率が上がりますので、この季節は緊張感が絶えませんね。いつでも対応できる準備を整えて頑張っていきましょう!

さて、今回ご紹介するのはメーターバルブの交換工事です。
杉並区にある2階建てのアパートで漏水が発生したとのことで、調査に伺ったところ、
水道メーターにある止水バルブが効かない為、耐圧試験ができませんでした。

今後の流れとして、調査の前にまずはメーターバルブを交換して調査が出来る環境をつくる必要があります。

そのため、日を改めてメーターバルブの交換工事を行うことになりました。

メーターバルブ交換当日。

まずはメーター廻りにカッターを入れた後に、斫り工事を行います。

斫り工事が終わったら土壌部分を掘り下げて配管を露出させます。

バルブと一部配管を撤去して、新設します。

ノリが乾いたら、通水させ漏水が無いかの確認をしたら

埋め戻し、土間打ちをして復旧します。

これでメーターで止水が出来るため、次のステップの漏水調査に進めることが出来ます。

建物の老朽化が進むと、この様に漏水と止水不良が併発し、作業が困難になりますので

配管の更新は計画的に行う事をお勧め致します。

アメニティ・プラスでは配管調査から改修まで行っておりますので、お困りごとがありました遠慮なくお申し付けください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ビル・マンション・アパートの清掃、メンテナンス、修繕工事などのお問い合わせは、下記アメニティ・プラスのホームページの

お問い合わせホームよりご依頼下さい。

下記の赤字をクリックすると、アメニティ・プラスのホームページへリンクします。

東京・神奈川 ビル・マンション・アパートの建物管理ならアメニティ・プラス/皆様の大切な建物の資産価値を守ります。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です