マンション 給水管漏水 緊急対応

こんにちは!だんだんと暖かくなってきましたね!

今回は共同住宅内のPS(パイプスペース)内からの漏水により緊急対応の事例をご紹介いたします。

台東区のマンションで、PS内より水が漏れてきていると連絡を受け、現場に急行しました。
すると、水道メーターの一次側継手より、水が吹き出していました。
どうやら継手の腐食により隙間ができてしまったようです。

 


この場合怖いのが、さらに一次側バルブの機能状況です。
工事をするにあたり、もちろん水を止めなければ工事をすることができません。
このバルブを閉めた時に、しっかりと効いていて止水することができれば当該のお部屋の断水で工事可能です。
しかし、止水することができなければ、他のお部屋も含めた全戸へ給水している元のバルブを閉めなければ給水を止めることができません。

今回は幸いにもバルブが機能していたため、一部屋の断水で工事することができました。

工事内容はシンプルで、まずはバルブをしっかり閉めた後、継手・配管を取り外していきます。

取り外した部材を見ると、やはりサビでボロボロになってしまっていますし、配管内にサビができて細くなってしまっています。


取り外すことができたら、新しい部材を取り付けていきます。


無事に取り付けることができたら、漏水に注意しながらゆっくりとバルブを開いていきます。

最後にお部屋内で全ての水栓から水が出ることを確認します。
この時注意しなければいけないのが、確認する際には洗面台から水を出して、しばらく流し続けてから別の場所を確認していくことです。、
工事により浮き出てしまったサビが、水栓で詰まってしまい水が出なくなってしまうことがあるためです。

お部屋内で水が出ることを確認したら、配管に保温材を巻いて工事終了です。

本日は緊急工事でしたが、幸い早急に対応することができました。
アメニティ・プラスでは漏水のみではなく様々な給排水の緊急対応が可能です。

最後までご覧いただきありがとうございました!次回もお楽しみに!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ビル・マンション・アパートの清掃、メンテナンス、修繕工事などのお問い合わせは、下記アメニティ・プラスのホームページの

お問い合わせホームよりご依頼下さい。

下記の赤字をクリックすると、アメニティ・プラスのホームページへリンクします。

東京・神奈川 ビル・マンション・アパートの建物管理ならアメニティ・プラス/皆様の大切な建物の資産価値を守ります。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2 のコメント

  1.  真面目に記録されたブログを拝見しお尋ねする次第です。
    弊社が管理しているマンション屋上排水溝の清掃に関し、業者さんを探して
    おりますが、御社は埼玉飯能市はエリア外でしょうか。ご返答頂ければ有難
    く思います。

    安齊与支江
  2. お問い合わせありがとうございます。
    埼玉県の飯能市の屋上排水溝洗浄対応可能です。

    積算の為お手数をおかけしますが、建物名、住所、現地調査可能かなど
    以下のメールアドレスにご連絡いただければ幸いです。
    info@amenity-plus.co.jp

    ご検討の程、よろしくお願いいたします。

    株式会社アメニティ・プラス 中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です